報告

障がい者スポーツ(車いすバスケットボール)体験学習会

  令和2年2月25日(火)に熊本県立芦北高校において、福祉課コースの1年生22名、2年生18名を対象に障がい者スポーツ(車いすバスケットボール)体験学習会を開催しました。

当日は、講師補助として、車いすバスケットボール(以下、車いすバスケ)東京パラリンピック強化選手候補の平井美喜選手にも指導をしていただきました。
まず、当法人の山本行文氏から車いすバスケと健常者のバスケットボールとを比較しながらルールの説明を受けた後、車いすバスケ用の車いすに乗り、車いすの漕ぎ方、方向返還、ターン、ストップなど車いす操作の基本技術を体験してもらい、その後ボールを使ってのパス、コート上に転がるボールの取り方、シュートなどの車いすバスケに必要な基本技術を体験してもらいました。

ルールや基本動作を学んだあとは、各チームに分かれて試合を行いました。みんな方向変換やパスに手こずりながらも楽しく一生懸命車いすバスケを実践していました。
終了後の生徒代表の挨拶では、障がいを持った方のスポーツに理解を深めていただいたようでした。

このような機会を通じて、若い世代の方々に障がいの理解の機会がさらに広がっていき、障がい者、健常者を含め全ての人が社会の構成員として健康で文化的な生活を送れるようみんなで包み合い、支え合ういわゆる”ソーシャルインクルージョン“の理念を広めていきたいと思っています。
また、今回の学習会は福祉課の神山先生からのご依頼があり実現したものでした。これからも県内の小、中、高校の先生方に障がい者スポーツに関心とご理解を頂きながらこの事業を進めていければと思っています。

  • 障がい者スポーツ(車いすバスケットボール)体験学習会の写真
  • 障がい者スポーツ(車いすバスケットボール)体験学習会の写真02

熊本市立芳野中学校 立志式講演会 報告

  先日、熊本市立芳野中学校の立志式に講和の依頼が有りましたので、出席を致しました。
立志式では、校長先生から立志式の意味についてお話の合った後に2年生の皆さんが一人ひとり、立志式にあたり、一字を掲げそれぞれの思いを発表されていました。どの生徒さん一字に込める思いがしっかりと伝わり、感激を致しました。
その後、私の講和を熱心に聞いていただきました。
立志式終了翌日には皆さんから「私はあきらめないで頑張ります」「友達を大切にします」「努力は裏切らないとおもいます」「いろいろなことに挑戦して行きます」などの感想を頂き、私の方が元気を頂きました。
ご静聴を頂きまして有難うございました。

200210yoshino

熊本ロータリークラブ例会にて講和報告

  先日、熊本ロータリークラブの例会にて講和をさせて頂きました。
  出席の皆さんは各企業において重責を担っておられる方でした。個人的に想像すると日々お忙しい事と思います。そんな中に毎週、社会支援活動について会合を行い、週末等に実践的な活動を行われている事に頭が下がる思いでした。
  私の講和も熱心に聞いていただき、感謝にたえません。ご静聴を頂きまして有難うございました。

合志市人権教育推進協議会 社会教育部会人権教育講演会 ビィーブル(文化ホール) 講演会に行ってきました。

令和元年度 合志市人権教育推進協議会 社会教育部会
人権教育講演会 報告

  先日、令和元年度合志市人権教育推進協議会社会教育部会人権教育講演会に行ってきました。夜の19時20分からの講演にも関わらず、多くの皆さんがご参加いただきました。
また、講演を聞いただきました皆さんから「常に前向きな生き方を学んだ。」「子供にも聞かせたい内容でした。」「リラックスして楽しく話が聞け、見習わなくてはならないと思いました。」「パラリンピック選手の努力がすごいと思ました。」「テレビを見る目が変わると思います。今日は話を聞かせていただいてよかったです。」などの多くの感想を頂きました。
ご静聴を頂きまして有難うございました。

191107-koushi

熊本県立第二高等学校 講演会及び車いすバスケットボール体験

  令和元年8月27日(火)に熊本県立第二高等学校の保健委員、女子バレー部、女子バスケ部の皆さんに講演と車いすバスケットボール(以下、車いすバスケ)体験を実施させていただきました。

 今回は、午後の初めの1時間を講演。後の2時間を車いすバスケ体験を行いました。
講演はパラリンピック大会に出場した、様々な体験や実感した事。また、海外の出場選手を紹介しました。
 体験の方は、簡単に車いすバスケと健常者のバスケットボールとを比較しながらルール説明を行った後、車いすバスケ用の車いすに乗り実技を行いました。車いすバスケの競技用車いすに乗るのはもちろん初めての皆さんでしたが、車いすの漕ぎ方から開始し、方向転換、ターン、ストップ等の車いす操作の基本技術を体験。
その後ボールを使ってのパス、コート上を転がるボールの取り方、シュートといった車いすバスケに必要な技術を体験し最後に試合を行いました。担任の先生も参加していただき非常に楽しく盛り上がりました。
 参加した生徒の感想では、「難しかったけど楽しかった。実際に体験したことで、少しは理解が進んだと思います。」との言葉もありました。今回の車いすバスケ体験が障がい理解の一歩になったのではないでしょうか。

  • 熊本県立第二高等学校_01
  • 熊本県立第二高等学校_02
  • 熊本県立第二高等学校_03
  • 熊本県立第二高等学校_04

パラアスリート支援事業報告

  今回、車いす陸上競技で2020東京パラリンピック出場を目指している選手の支援を行いました。
  支援内容は、本人の体型・障がいレベル(残存機能)・筋力に添ったレーサーポジションとフォームを提案。また、フォーム等と連携(伝動)するブローブに使用する自助具を提案しました。さらに、帰宅後にも一人で行えるフォーミングアップ(ダイナミックストレッチ・スタティックストレッチ)やチューブを使用して行える筋力トレーニング及び練習メニューを紹介させて頂きました。今後、選手の活躍を期待したいと思います。
なお、今回の支援事業にご理解を頂きましたHONDA様と直接的なご協力を頂きました熊本保健科学大学様に心からお礼を申し上げます。

パラアスリート支援事業報告の写真

玉名・荒尾地区中学校体育教職員の車いすバスケット体験学習

令和元年8月20日(火)、玉名市立天水中学校で、玉名・荒尾地区の中学の体育の先生約20名が参加され、車いすバスケットの体験学習をされました。
当法人の山本行文氏から車いすバスケット用車いすの基本的な操作方法を習った後、車いすバスケットの現役の選手の平井美喜さんを交え試合を行い、車いすバスケットの難しさや楽しさを体験されました。

  • 190826tensui01
  • 190826tensui02

中学校体育授業づくり講座

令和元年8月9日(金)、熊本市立西山中学校で、熊本市教育センター主催の「中学校体育授業づくり講座」が開催され、当法人の山本行文さんと立正大学学園の平井美喜さんが、車いすバスケ体験学習を通して障がい者が自らの身体能力を活かして自立していくことの大切さを体験に基づいた講話と実技で紹介しました。
10名の先生方が参加され、講話を聴いた後、実際に車いすバスケットを試合形式で行われ、車いすバスケットの難しさや楽しさを体験されました。

  • Jrhighschooll-taiiku190816-photos
  • Jrhighschooll-taiiku190816-4
  • (2019.8.11熊本日日新聞朝刊掲載記事)

障がい者スポーツ(車いすバスケットボール)体験

平成31年3月14日(木)に熊本県立大津高校において普通科体育コースの1・2年生31名を対象に障がい者スポーツ(車いすバスケットボール)体験を開催しました。
講師補助として、車いすバスケットボール(以下、車いすバスケ)日本代表の平井美喜選手にも指導をして頂きました。
1年生に対しては簡単に車いすバスケと健常者のバスケットボールとを比較しながらルール説明を受けた後、車いすバスケ用の車いすに乗り実技を行いました。車いすバスケの競技用車いすに乗るのは初めてで、車いすの漕ぎ方から開始し、方向転換、ターン、ストップ等の車いす操作の基本技術を体験。その後ボールを使ってのパス、コート上を転がるボールの取り方、シュートといった車いすバスケに必要な技術を体験してもらいました。
2年生は昨年度も受講経験があり、オリエンテーション後に車いすバスケ用の車いすに乗り、昨年度経験した基本技術に加え、ややレベルの高い技術練習を体験してもらいました。

その後3班に分かれての総当り戦を行い、最後に学生選抜チーム5名vs先生2名+山本・平井選手で試合を行いました。パスをもらっても思うように車いすで進むことや絶好のチャンスにもかかわらずゴール下でシュートしても決まらなかったりと、周りの声援と共に笑いの絶えない楽しいひと時となりました。
終了時の代表生徒の挨拶では、車いすスポーツの難しさと共に、その楽しさも体験でき、障がいを持った方のスポーツに理解を深めてくれたようです。このような機会を通じて、若い世代の方々に障がい理解の機会が更に広がっていけばと思います。

  • 190318_oozu_01
  • 190318_oozu_03
  • 190318_oozu_03
  • 190318_oozu_04

障がい者スポーツ(車いすバスケットボール)体験

平成 31 年 3 月 1 日(金)に熊本市立波野中学校体育館において、波野中学校と産山学園合同で 1・2 年生 60 名を対象に障がい者スポーツ(車いすバスケットボール:以下、車いすバスケ)体験を開催しました。
簡単に車いすバスケと健常者のバスケットボールとを比較しながらルール説明後、車いすバスケ用の車いすに乗り実技を行いました。車いすバスケの競技用車いすに乗るのは初めてで、車いすの漕ぎ方から開始し、方向転換、ターン、ストップ等の車いす操作の基本技術を体験。その後ボールを使ってのパス、コート上を転がるボールの取り方、シュートといった車いすバスケに必要な技術を体験し最後に試合を行いました。両校の対戦形式となり、パスをもらっても思うように車いすで進むことやゴール下でシュートしてもとどかなかったりと、周りの声援と共に笑いの絶えない楽しいひと時となりました。

代表生徒の発表では、車いすスポーツの難しさと共に、その楽しさも体験でき、障がいを持った方のスポーツに理解を深めてくれたようです。今回の体験は今後の生活においても良い機会になったと思います。このような機会を通じて、若い世代の方々に障がい理解の機会が更に広がっていけばと思います。

  • 0312namino
  • 0312namino-02
  • 0312namino-03
  • 0312namino-04